これからを見据えた"改善"のパートナーになります

病院・医療施設

CASE STUDIES

愛知医科大学病院さま(愛知県長久手市)

愛知医科大学病院さま(愛知県長久手市)

常に「その先」の医療を見つめて
新病院を開院

さらなるBCP強化とエネルギーコスト
削減を図る

  • 課題愛知県から「基幹災害医療センター」の指定を受け、高い防災対策と非常時にも医療機器を止めないシステムの構築が課題に
  • 解決策基幹災害医療センターとして十分な機能を備えた施設・設備を実現。
    設備の安定運用、エネルギーコスト削減を考え、ファシリティーサービスを採用。

医療活動を確実に継続するため、基幹災害医療センターとしてより確実な体制に

名古屋市東部の長久手市にある愛知医科大学病院さま(以下、愛知医大病院さま)は、愛知県の医療の中核を担う病院として1974年に創立され、2014年5月に新病院として新たにスタート。最先端の高度な医療設備・体制を一段と整備するとともに、高度救命救急センターとして地域救急医療の充実にもいっそう力を入れています。

また、2006年に愛知県から「基幹災害医療センター」の指定を受けており、災害時にも患者さまの生命を守り、医療機能を確実に果たすことが新病院にも求められています。そのため、施設・設備としては、高い防災対策と非常時にも医療機器を止めないシステムの構築が重要なポイントとなりました。

もっと見る

このページの先頭へ

CASE STUDIES

下呂市立金山病院さま(岐阜県下呂市)

下呂市立金山病院さま(岐阜県下呂市)

地域医療をより多面的に支えるために新築移転

医療の充実とコスト抑制の実現を目指す

  • 課題新築移転を機にコストを抑えた病院運営を目指す目標を下呂市が打ち立てた。それには3つの課題があった。
    1. コストを抑えた病院運営
    2. 入院患者さまに提供する食事面での効率化
    3. 非常時における病院運営の継続
  • 解決策厨房はニュークックチル方式、給湯は業務用エコキュート、オートクレーブには電気式ボイラーを導入。コスト削減を実現

充実した医療サービスの提供と運営コスト抑制のバランスがカギ

下呂市立金山病院さま(以下、金山病院さま)は、1944年に設立された前身の施設から数えて約70年に渡り、地域医療を支え続けてきた下呂市を代表する総合病院です。旧病院の老朽化に伴い、より一層の医療体制の拡充を目指して新築移転し、 2012年8月に新たに開院されました。

金山病院さまを管轄する下呂市では、コストを抑えた病院運営を目指しており、一定レベル以上の医療サービスを提供しながら、ランニングコストを抑えた運営体制が望まれます。

院長の古田智彦さまは、「地域に根ざした公立病院といえども、単独での収支状況を問われる時代です。新しく快適な施設になりましたが、建設費も限られていますから華美な装飾や無駄な設備はありません。11ある診療科や専門外来で地域のみなさんの健康を支えていきながら、コストを抑制した運営を心掛けていきたいと思います」と語ります。

もっと見る

このページの先頭へ

CASE STUDIES

医療法人清慈会 鈴木病院さま(愛知県豊田市)

医療法人清慈会 鈴木病院さま(愛知県豊田市)

ホテルライクな快適性を備えてフルリニューアル

多くのママたちから支持を集める産婦人科病院

  • 課題建物の老朽化による機能的不具合があり、建て替えの必要があったが、それには3つの課題を解決する必要があった。
    1. 耐震設計の見直しの検討
    2. 調理場における衛生管理と作業環境の改善
    3. 安全性・快適性・機能性が揃った質の良い病院
  • 解決策快適性、機能性をより高めるシステムや室内環境の設計の結果、厨房はオール電化、給湯はエコキュート、蓄熱式床暖房を採用。
    夜間の割安な電気を利用してランニングコスト削減に。

旧病院の機能に不安。誰もが心身ともに安らげる病院に建て替えたい

愛知県豊田市にある鈴木病院さまは、産婦人科・小児科の病院としてこの地で40年前から開業されており、豊田市を中心とした周辺地域のご家庭のみなさまから高い信頼を得ています。老朽化した旧病院は機能的な不具合が生じてきたことに加え、耐震設計の面で現在の基準に見合わなくなってきたことから、新築建て替えをされました。

鈴木院長さまのこだわりをかたちにした新病院は、洗練されたホテル風のデザイン。落ち着いた雰囲気の内観は、訪れたすべての人たちを優しく包み込みます。鈴木院長さまは、「これまで増改築などリニューアルを繰り返してきましたが、今回の全面建て替えで4回目です。今までの経験を生かし、すべてにおいて質の良い病院にしたいと思いました。どなたにも安心して心から寛いでいただける環境を作りたいと考えたのです」とその想いを語ります。入院者を「ゲスト」、病室を「ゲストルーム」と捉え、退院までの期間を心身ともに安らかに過ごしていただくため、ホテル並みにしつらえた個室を4フロアに備えています。

もっと見る

このページの先頭へ

CASE STUDIES

医療法人藤森医療財団 藤森病院さま(長野県松本市)

医療法人藤森医療財団 藤森病院さま(長野県松本市)

外科、内科、透析センター、人間ドッグ、介護サービスを備え、地域に根ざした質の高い医療を提供する医療施設

安全を最優先し、安心して医療を受けられる体制で患者さま中心の医療を実践しています

  • 課題病院の全面建て替えをする事になったがそこには3つの課題があった。
    1.先端医療の導入
    2.環境負荷低減の検討
    3.ランニングコストの削減
  • 解決策エネルギーの一元化によりエネルギーのコストを約25%削減

コスト削減と地域ニーズへの対応

藤森病院さまでは、1974年に建てられた施設の老朽化が進んでおり、病院の全面的な建て替え工事を計画していました。「病院の建て替えは、地域から求められている先端医療に対応し、患者さまに良好な医療環境を提供するためです。

また、環境負荷低減への取り組みが求められる時代でもあり、ムダなく効率よくエネルギーを活用し、エネルギーコストを削減できるシステムや設備の導入を検討していました」と事務長の西村さまは語ります。

藤森病院さまが位置するエリアは住宅密集地であると同時に、城下町として歴史を感じさせる風情ある景観が残されています。 地域に根ざした病院として、近隣の住民に配慮した施設にすることも必要でした。

もっと見る

このページの先頭へ

Login ログイン

すべての情報を見るには
会員登録(無料)が必要です。