1. ホーム>
  2. 省エネガイド>
  3. 業種別改善事例>
  4. スーパーマーケット

これからを見据えた"改善"のパートナーになります

スーパーマーケット

CASE STUDIES

株式会社ホームセンターバロー 関緑ヶ丘店さま(岐阜県関市)

株式会社ホームセンターバロー 関緑ヶ丘店さま(岐阜県関市)

「電力・店内環境の見える化」を行い、空調管理コントローラーによる運用をスタート。 店内環境や空調稼働状況を分析し、運転方法を最適化。人手をかけず、店舗の快適性維持と省エネ・省コストの両立を実現

  • 課題店舗の省エネルギー、業務効率化、経費削減の実現
  • 解決策 遠隔監視・制御が可能な空調管理コントローラー(以下、「空調管理コントローラー」と略)と電力・店内環境の「見える化」システムを導入。店内環境の快適性を維持したまま、省エネルギー、電力デマンド抑制、コスト削減の実現に向けて、空調運用を最適化する。空調管理における店舗スタッフの負担軽減にも期待。

持続可能な社会の実現に向け、環境負荷の低減を推進。
競争激化するホームセンター業界。店舗運営の効率化も至上命題に。

東海地方中心に、ホームセンターを30店舗以上展開する株式会社ホームセンターバローさま。ホームセンターを
含むバローグループさまでは「サステナビリティ・マネジメント」の一環として、持続可能な社会の実現に向け、省エネルギー運用、高効率機器への更新など、環境負荷低減に積極的に取り組まれています。また、近年ホームセンター業界は競合店舗との競争が激しさを増しており、より効率的な店舗運営が求められています。
「人材の売り手市場の中、有能な人材を維持・確保していくために、人件費の削減はできません。そこで、目をつけたのが、空調や照明にかかる電気代の削減でした」と語るのは、同社営業部長の古田さま。
これまで取り組んできた省エネ対策は、照明のLED化や無駄な空調、照明のこまめな節電が主だったそうです。「店舗ごとに取り組んでいますが、空調の運転管理や照明の点消灯はすべてスタッフのマンパワーや意識に頼らざるを得ません。

もっと見る

このページの先頭へ

CASE STUDIES

株式会社ドミー 東海店さま(愛知県知多郡)

株式会社ドミー 東浦店さま(愛知県知多郡)

お客さまの快適と省コストを両立するスーパーマーケット

  • 課題店舗運営にあたり2つの課題があった。
    1.ランニングコスト削減
    2.環境負荷低減
  • 解決策高効率なインバーター冷凍機を導入し、排熱利用の空調機も採用。調理室には各種電化厨房機器を備え、旧店舗に比べランニングコストは約20%削減を達成。照明のLED化なども含め、CO2削減を進める。

お客さまに信頼され、絶えず選ばれる店舗づくりのために。ランニングコストの削減と環境対策

競争が激化する小売業界において、独自の事業戦略を展開し、現在愛知県下に34店舗のスーパーマーケットを運営している株式会社ドミーさま。

「お客さまの笑顔のために」を信条として、あらゆるサービスをお客さまの視点から発想しています。販売商品に関しては、独自ルートによる大量仕入れやメーカーとの直接取引などにより、高品質かつ低価格化を実現しています。また、食品加工・物流センターを拠点に、全店舗へ供給する生鮮食品を集中加工・管理することで、物流コストや各店舗での加工作業および作業スペースを削減。そのぶん売場面積を拡大し、お客さまが買い物をしやすくするなど、さまざまな取り組みを行っています。

株式会社ドミーさまがめざしているのは、地域のお客さまに信頼され、絶えず選ばれる店舗づくりです。店舗を運営するにあたっては、2つの課題があると店舗開発部長の石川さまは語ります。
「当社では、まずランニングコストの削減を重要視しています。そしてもう一つはCO2排出量の削減など環境問題への対応。この2つは常に取り組んで行かなければいけない課題です」。

もっと見る

このページの先頭へ

CASE STUDIES

株式会社フィールコーポレーションさま(愛知県名古屋市)

株式会社フィールコーポレーションさま(愛知県名古屋市)

より質の高いサービスを提供できるスーパーマーケットを目指して

  • 課題店舗運営にあたり2つの課題があった。
    1.お客さまが快適に利用できる店舗づくり
    2.従業員が働きやすい環境づくり
  • 解決策厨房、空調、給湯のすべてのエネルギーを電気に一元化。電気式デシカント空調機は売り場の快適性向上に貢献。電化厨房は調理スタッフの作業環境改善を実現。

従業員が笑顔になれば、お客さまも笑顔になる

日々の暮らしに欠かせないスーパーマーケットには、商品の品揃えを充実させ、質の高いサービスを提供することを含めて、お客さまが安心かつ快適に利用できる店舗づくりが求められています。
株式会社フィールコーポレーションさまは現在、愛知県下に51店舗のスーパーマーケットを運営しています。店舗運営方針として目指すのは、地域に密着し、地域の人から愛される店舗づくりです。そのために、地域に暮らすお客さまとのふれあいを何よりも大切にし、そこで得られた情報や感じたことをひとつひとつ店舗に反映させています。

フィールコーポレーションさまは、既存店のひとつ、名古屋市瑞穂区に店舗を構える堀田店を、平成20年11月13日に全面リニューアルオープンしました。
「堀田店はもともと平成7年にオープンした店舗ですが、店が入っていたビル自体は昭和40年代に建てられたものでした。設備なども老朽化していたので、リニューアルしてお客さまへよりよいサービスを提供していきたいと考えていました。また、堀田店は昔ながらの商店街の一角にありますから、商店街の活性化に少しでも貢献できればとの思いもありました」と店舗開発部・マネージャーの寺島さまは語ります。

さらに店長の若林さまは、従業員がいきいきと働ける作業環境にしたいという思いを持っていました。
「従業員が幸せでなければ、お客さまを幸せにすることはできません。ですから、従業員にとって働きやすい環境を整えることも大きなテーマでした」(若林さま)
地域の人にも従業員にも愛される店舗づくり。その実現に向けて、中部電力がお手伝いすることになりました。

もっと見る

このページの先頭へ

Login ログイン

すべての情報を見るには
会員登録(無料)が必要です。